「いただきます。石川」10月号ラインナップ

「いただきます。石川」10月号ラインナップ

いつも芝寿しをご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

芝寿し定期便「いただきます。石川」10月号では、新米を楽しんで頂くべく、ご飯が進む逸品をご用意致しました。

10月号のテーマ「 石川の新米を地元の味で美味しく味わうという贅沢。 」

新米を美味しく味わうという、日本人ならではのワクワクする季節がやってきました。

ここ近年ご当地ブランド米と全国的に賑わっておりますが、石川県には2017年秋に新発売した「ひゃくまん穀」という、ふっくら大粒・冷めても美味しいという特徴のブランド米があります。

 

食の宝庫石川県の風土に合わせ南北に長い県内の地域性に合わせて栽培されている地元ならではのお米には、地元の味が相性抜群。

私ども芝寿しでは、お客様に安心してお召し上がりいただけるよう、お米お米を炊く水お酢など素材にこだわりひとつひとつの恵みを大切にしています。

特に主役のお米は地元農家さんで育てて頂き季節ごとにお米の配合を変えて独自のブランドで炊いているこだわりです。

 

今月号は、「お米」にこだわり、「お米」を大切にする芝寿しだからこそのセレクト、地元石川県の海のもの山のもの地のもので新米の「ひゃくまん穀」と共にお楽しみください。

 

ひゃくまん穀(米心石川 様/金沢市)

石川県が9年の歳月をかけて育成した米新品種「ひゃくまん穀」は石川県のみで栽培されています。

「ひゃくまん穀」は一粒ひと粒が大きく、「一粒ひと粒の粒感」「粘り」のバランスが良く、お米の旨みが感じられ、味わい食感ともに食べごたえがあります。また、時間が経っても硬さや粘りの変化が少なく、冷めても美味しさが保たれるのが特徴です。


鮭味噌漬け、銀だら味噌漬け(十字屋様/金沢市)

およそ創業70年を迎える十字屋様は、心のこもったひと手間と、変わらぬ真心を大切にされています。

 

一尾一尾身の奥まで、旨みがしっかり浸みこんでいます。「新米」に合わせてご堪能ください。

※こちらは要冷蔵商品です。


能登鳥の自然卵(株式会社サンライフ 様/能登町)

サンライフ様は、子供や孫の世代にも安全でおいしいたまごを食べて頂くために難しい自然養鶏に取り組まれています。

 

是非そのおいしさを「新米」に合わせてご堪能ださい。

※こちらは要冷蔵商品です。


鱈子旨煮( 新屋食品 様/野々市市)

石川県では「タラ」といえば「真鱈」が一般的で、郷土料理として鱈子の煮付けを「真子煮」と言って親しまれています。

「新米」に合わせてご堪能ください。

※こちらは要冷蔵商品です。


山いも醤油漬け( 四十萬谷本舗 様/金沢市)

明治8年創業以来ふるさとの風土と食文化を大切にしたものづくりを続けてこられ、現在では代表的なかぶら寿しをはじめ、地元の文化に根ざした発酵食品を作り続けています。

「山いも醤油漬け」は一夜漬けの中でも一番人気となっています。

「新米」と一緒に箸休めとしてもお楽しみください。

※こちらは要冷蔵商品です。


海苔佃煮(小林乾物店 様/輪島市)

輪島市朝市組合の組合長を務めたこともある小林政則さんが営む小林乾物店様。

磯の香りがほのかに香る海を知り尽くした小林さんが手がける「自家製のり佃煮」は無限ご飯間違いなし。「新米」に合わせてご堪能ください。

※開封後は要冷蔵です。


フリーズドライ味噌汁〈とん汁(酒かす入り)、ネバネバ野菜〉(ヤマト醤油 様/金沢市)

1911年創業のヤマト醤油味噌は糀の伝統の地「金沢大野」で発酵食文化を継承され、芝寿しとはお弁当に添えるお醤油をはじめ長くパートナーを組んでいただいております。今回は豊富な商品の中からフリーズドライ味噌汁をお届けいたします。

「新米」を引き立てる逸品となっております。

 

 

編集者のひとりごと

はじめまして。今回初めてブログに挑戦している上野です☺

ここまで10月号の良さを全面にアピールしている私ですが、実はまだ食べれておらず。汗

さすがに全く知らないわけにはいかない…

といことで、食べた方にインタビューしてきました。

まるで私がやってみたかのように、おすすめの食べ方も併せてご紹介します♪笑

 

 

まず海苔佃煮。

海苔佃煮と聞くと、「ごはんですよ」みたいなものを想像しませんか?

でも違うんです…!

海苔の繊維がしっかり残り、本当に佃煮感。

ごはんにかけるだけじゃ飽きちゃったなぁ。

それならアボカドとチーズと混ぜて…それからパスタにも!

おすすめです♪

 

お次は能登鳥のたまご。

これをご飯にかけて~。ちょっと待ってください。いや、それでもいいんです。

でもちょっとひと手間。だし巻き卵に。

濃厚でしっかりした味なので、調味料なしでも美味しいんです♪

ぜひ♡

 

最後にメインのお米…!

炊いた翌日、おにぎりにぎってお弁当に♪

さすがひゃくまん穀。美味しいんです。

これは本当に、みんな納得。

しつこいですが、冷めても美味しいんです。

 

 

とにかく、お米が好きなそこのあなた!ご賞味あれ♡

 

 

 

\ ハッシュタグつけてSNSでシェアしてね♪ /

#芝寿し定期便 #いただきます石川

 

▼ 11月号の内容チェックは専用サイトから! ▼芝寿し定期便

 

 

過去の「いただきます。石川」のご紹介はこちらから見ることが出来ます。

https://shibazushi.com/category/shibazushi-teikibin/